FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話での問い合わせ・・・

電話での問い合わせで場所が何処か?が多いので再度・・・
新しいクリニックのある電通ビルは地下鉄東西線西改札口を出て
2番出口を上がると目の前にテレビ塔が見えるのだが、
そこで左90度に向いてもらうと一階に円柱のあるビルが
目に入る筈である。一階ではあるが奥まっているので
ちょっと分かりにくいかも知れない。
 新患の方から場所を良く聞かれるのでまた書いてみた(笑)
先日の患者さんも義歯が使えないとのことで相談に
来院された。早速お話を聞いて義歯を見せていただいた。
中間欠損と言って一番奥の歯は残っており
その手前3本がないケースである。
義歯は小さく作ってあり、前後の歯で支える形に
なっているので、保険義歯としては楽な方だ。
しかし、バネをかけている歯が犬歯で見えるし
痛いので嫌だと、今度はノンクラスプデンチャーを
作ったまでは良かったが、今度は咬めないし
おまけに犬歯が痛いと・・・・
 以前も触れたが、ビニール系の義歯はメタルで
補強しないとぐにゃぐにゃで噛めないものが多い。
柔らかいから痛くないと思われがちだが、
そんなに柔らかい歯でがっちり力を伝えるのは
無理だと思う。結構な面積で歯と歯茎を
挟むので、締め付けはやはりある。
全くバネのないMTCとは別物なのだが
ノンクラスプで同列に見られるのは心外である。
 上の患者さんは結局MTCで治療することになった。
噛めなくて困っている方、取り敢えず相談に来てみて欲しい。
決してMTCを押し売りするつもりは無いし、
保険での義歯でも噛めるようにすることは出来る。
もちろん無理なケースもあるが、電話で延々話されても
診てみないと何とも言えないのだ。ふううう・・・・

そうそう、以前書いたマレーシア移住の方は無事に
出国され、治療は間に合った(やれやれ・・・
スポンサーサイト


テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
2012/05/31 19:56 | 歯科

運動会の季節はいつも・・・・

金環日食から始まった今週、珍しく晴れた札幌。
晴天なのに薄暗いという経験は奇妙なものだ。
 大通公園でも観測している人が沢山いた。
18年後に北海道でまた見れるらしい(遠いなあ)

大通公園ではライラック祭りが始まった。
週末は小学校の運動会だが、相変わらず寒いし天気が悪い。
本州では夏日を記録しているのに、五月晴れなんて
単語を忘れてしまいそうな曇天が多い。
 去年も梅雨?かと書いたような気がするなあ・・・(苦笑)
移転してもう少しで2ヶ月。新琴似の時と比べたら
患者数はまだ多くはないが思った程減っていない。
 一人にゆっくり時間を割けるのでやりやすいが
リズムがまだ掴めないからしっくりしない。

残念ながら子供は極少数になってしまい、さみしいけど
仕方がない。(子供が減ったので待合にマンガを置かなく
なってしまったことがさみしい訳では決してない)(笑)

 明日は雨になるらしい・・・何とか晴れて頂戴!


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
2012/05/25 20:42 | 歯科

形式上は新入生だが・・・

先日、厚生局の新規医療機関対象の指導を受けに行った。
私自身は24年のロートル?なのだが、移転すると
新入生扱いになるらしい・・・(笑)
 折角指導管理官に会えるので日頃悩んでいる最近の
ケースについて、アドバイスを受けてきた。
 私の処に来る患者さんの多くは今までも書いた通り
インプラントにするか、義歯にするかという悩みを
抱えている方が多い。また、ぐらぐらの歯を抜歯するに
あたり、入れ歯になりますと言われてショックを受けて
入れ歯とはどういうものか?と聞きにくる方もいる。
インプラント全盛だが、3つばかり相談されたケース
を紹介しよう。

P1_edited_convert_20120514155425.jpg
見ての通り、まず右下が折れている。撤去が大変だということで
そのままになっているらしいが、わずか1年で折れてしまうのは
被せ物の設計に問題があるのではないだろうか?
 また、右上(写真では左上)にブリッジが入っている。
通常、自歯とインプラントは連結しないのが常識となっている。
多少(40ミクロン)くらいは動く天然歯と、全く動かない
インプラントを連結することは必ずブリッジに疲労を
起し壊れてしまうからだ。
 さらに、左下のインプラントは被せ物がクルクル回るというおまけ付き。
結局、MTCで下は治療したのだが、噛み合わせを良く考えないと
事故に繋がる例である。
 もうひとつ・・・・
Piida_edited_convert_20120514161617.jpg
長さも方向もバラバラなので、被せ物の形もきれいとはならず、
患者さんの希望とはかけ離れたものになってしまったことで
担当医との信頼関係が失われてしまったケースである。
 CTで見れば、自分の歯の根とインプラントがぶつかっているのが
はっきりわかるのだが、今更どうしようもない。
 このような場合でも決して術者を非難してはいけないので
後を引き受けるこちらは大変である。
 P14383_convert_20120514173722.jpg
 最後はこれだが、耳鼻科の先生から送られてきたケースである。
見ての通り左上のインプラントが上顎洞に貫通している。
しかも噛み合わせは全く下を無視した形の自歯連結ブリッジ・・・
こうなると、もう溜息しか出ない。
 どうしたら良いのか、この方は71歳であるが
持病持ちなので、安易に撤去も出来ない。
 予想はしていたが、こういう難症例で悩む
患者さんが遠方からやってくるようになった。
 旭川、釧路、函館・・・・東京・・・
毎日、どうしようか自問自答しながら格闘中である(苦笑)
ファイト~一発!!って気合いを入れなきゃ・・・ 


テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
2012/05/14 18:04 | 歯科

▲ページの先頭へ戻る

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

福井歯科クリニック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。