FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頸と背中が痛いので診て欲しい

という患者さんの訴えである。
当然だが、うちは歯科であり整形でも整骨院でもない(苦笑)
噛み合わせのずれが惹き起こすいろいろな問題があるのは間違いない。
その「ずれ」は時に歯を移動させ、また筋肉のアンバランスを生む。
奥歯が無ければ、頬は弛み、ホウレイ線もくっきりしてくる。
見た目にも問題を生じるが、頸、頭、肩、腰、脚の痛みが酷い場合も
少なくない。整形に行ってもレントゲン撮影して、湿布と投薬で経過観察。
歯の問題など訴えても取り合ってもらえないことがほとんどであろう。

もちろんすべてを噛み合わせのせいにするつもりはないが、
何しても治らない不定愁訴がある場合には、考えてみる価値はある。
最近の初診での相談はこういうものが多い。
歯のこともあるが、顎、頸の痛み、不眠、眩暈、など多岐に渡る。

そんなの??と思うかもしれないが、人間上下の歯を噛ませないと
食物すら飲み込めない。舌骨が動いて食道が開く動きは噛むことで起きる。
だから、噛まずに飲み込むと気管に入って、いわゆる誤嚥を起こしたりするのだ。

閑話休題
 今、久し振りに近所の総合病院まで往診に行っている。上下義歯を無くして
噛めないとの電話からである。
大通に移転する前は結構頼まれて行っていたのだが、街中ではあまり機会
がなかったのだ。ベッドでは作業しにくいので、車椅子に乗ってもらい
治療するのだが、この夏とても暑い
しかもこの病院、もうすぐ移転するほど古いので病室に冷房がない(苦笑)
もはや汗だくになっての治療である。
入院されている患者さん達も大変だと思う。
歯がない状態で過ごしているのは前述したように危ないので
出来るだけ早く入れてあげたいが、環境も悪いので作業は困難ではある。
でもどうにか完成まで漕ぎ着けたので後はセットと調整である。
実際にはそこからが大変なのだが(汗)がんばろう。

もう台風が来ませんように・・・・


福井歯科クリニック公式WEBサイトはこちら


スポンサーサイト


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
2016/09/06 00:57 | 歯科

▲ページの先頭へ戻る

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

福井歯科クリニック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。